2011年4月25日月曜日

Fuxx The Hype vol.52

VA/Prayer for Future vol.1,2

皆様、いかがお過ごしでしょうか?
最近、私が住む地域では天候の変化が非常に激しく、全く持っておかしな天気の毎日が続いております。

今回は音楽の紹介というよりは、告知でございます。

というのも、先日Lady Citizenがいつもリリースでお世話になっているAN/AYというレーベルから
この度の東日本大震災復興支援コンピレーションが発売となりました。

不肖、Lady CitizenもこのVA/Prayer for Future vol.2に一曲提供させてもらっております。

被害発生より早一ヶ月、被災地以外では比較的に「日常」が戻ってきているのが事実ですが、
現在進行形で依然として、被災地では傷が癒えない状態は続いています。

ただ、かくいう私は、直接はおろか、間接的な被害さえほとんど被っていないので、とても
その「現実」からかけ離れた場所にいるのが現状で、全く大きなことは言えません。

日本全国だけでなく、世界中から沢山の寄付が集まっているのも事実です。
しかしながら、復興支援にお金がありすぎて困ることはないはずです。

阪神淡路大震災の頃は、正直、子供だったので募金箱におこづかいの一部をいれることしかできませんでした。

時を経て、今はあの頃と違って大人になりました。
「愛国心」というと政治的な何かの用に聞こえてしまうかもしれません。しかし、そういうものとはまたちょっとニュアンスが違った感じで、もっと漠然と、単純に「自分の生まれ育った国」が見舞われた凄惨な悲劇に、胸を締め付けられるような思いを感じたのは事実です。

今まではどちらかと言えば、個人的に「愛国心」というものは、縁遠いパーソナリティーだと思っていました。

そんな私でも今回は本当に、TVCMでよく言われいる、「がんばろう、日本」ではないのですが、そんな気持ちになっています。

もう既に色々なチャリティーに参加されている方も沢山おられると思いますし、以前このブログでもチャリティーコンピ盤を取り上げました。

ただ、復興支援資金が多すぎて困るということはないはずです。
私自身も正直そんなに出来た人間ではありませんのでいうのもおこがましいのですが、
ここはひとつ、皆様の善意に訴えさせていただけたらと思いたちまして、今回の投稿をさせていただきました次第でございます。

何卒、このBlogを閲覧していただいてる皆様の協力お願い致します。

尚、これらのチャリティー盤の収益は全額復興支援に対する寄付にまわされ、双方とも価格はUSDで$5となっております。


Vol.1は耳に優しい、柔らかいElectronica中心の内容となっています。
http://anay.bandcamp.com/album/prayer-for-future-vol-1


Vol.2はフロアライクなDance music中心の内容となっております。
http://anay.bandcamp.com/album/prayer-for-future-vol-2
*こちらにLady Citizenの楽曲、Sunset loop repriseを提供させていただいております。

ちなみにこの曲です。


AN/AY records is contributing some tracks to 2 charity digital albums for victims of the recent earthquake in Japan. All proceeds will go to help those affected by the disaster, please help out by downloading a copy.

http://anay.bandcamp.com/album/prayer-for-future-vol-1
http://anay.bandcamp.com/album/prayer-for-future-vol-2

If you like these music, please purchase them.
You will help victims of the recent earthquake in Japan.


Need your support,

Lady Citizen


2011年4月14日木曜日

Fuxx The Hype vol.51

Spring moombahton!

どうも。
世間はバタバタとしていますね。
色々とあるでしょうが、こんな時代だからこそ何か信じられる確かなモノが欲しいものですね。

さて、今回は日本のBass musicのトレンドセッター、DJ FYS aka BINGO氏の新作mixをご紹介。
その名もMoombahton Spring Live Mix!

かねてより氏はこのMoombahtonというジャンルを日本のクラブシーンに紹介されているわけなんですが、今回のMIXはMoombahton特有の陽気でFunkyな感じよりも、落ち着いた「大人の洒落た音楽」というエキゾチックな仕上がりになっています。

なんというか「粋」といういうものはこういうことをいうんだろうなぁと考えられます。

MIXを通してしっかりとした物語が出来上がっています。
こういう世間的に耳なじみのない比較的新しいジャンルの音楽を用いても、ちゃんとリスナーを納得させる説得力に溢れた良質MIXですので、今までMoombahtonを聴いたことのない方はもちろん、これまでのファンの方にも是非おすすめしたいです。

ある意味でこのMIXはDJとは何ぞやという問いに対するひとつの答えのような気がしてなりません。

DJ機器のデジタル化や、音源配信時代の昨今では誰でもネットを介せば簡単に世界の有名DJのプレーリストを見て完コピしてDJできるようになりました。

しかしながら時代は変われど、まだ誰も知らないイケてる音楽をディグって、つないでクラウドを踊らせるという基本姿勢はDJの不変事項だと思います。

個人的にもまたひとつ勉強させていただきました。

少々前置きが長くなりましたが、
単純にこのMIXは本当に素晴らしいので是非皆様聴いてくださいませ。

SP feat: Moombahton Spring Mix by FYS aka BINGO






DJ FYS aka BINGO

http://fysakabingo.blogspot.com/
http://twitter.com/FYSakaBINGO

Playlistはこちら!

2011年4月6日水曜日

Fuxx The Hype vol.50

New arrival stuff

どうも。
久しぶりにLapin氏から新作DJ mixが届きましたのでご紹介いたします。
今回は4/20にリリースされるKidz Rec 03から氏の曲、Kido Yoji, Scam Circleらの新作も収録。
さらにStar Slingerなど旬な曲もあればAphex Twin, Radioheadのクラシック、はたまたFlying Lotusなんかの曲も。

全体のテンポはゆったりした感じで心地よいので
イージーリスニング的にも聴けるロマンチックな仕上がりとなっています。

余談ですがLady Citizenの1st album(現在廃盤)から初期のBeats作品Gone love songも収録してもらっています。

さらに本日TCY Recordingsより、これまたこのBlogでおなじみKan Takahiko氏の新作EPがリリースされました。以前このBlogでもとりあげた氏のmixに収録されていたBlow upの未発売ver.UK funky mixも収録されているのでそちらも試聴できますので是非!

SP feat: The Dawning of The New Age by Lapin
FTH Recommend :KIDZ REC03
Kan Takahiko/Bosques






Playlist:
00:00 Lapin - It Will Be (Lapin's 33/45 Edit) [Kidz Rec]

02:04 SebastiAn - H.A.L. [ED Banger]

03:53 Robot Science - Plush

05:57 Sharon Apple - Idol Talk [Venus Sound Factory]

07:20 Flying Lotus - Paper Crane Gang [Warp Records]

08:46 Star Slinger - Minted [Double Denim]

10:20 Lady Citizen - Gone Love Song [Nashville Noir Records]

11:42 The Chemical Brothers - Star Guitar [Freestyle Dust ]

13:39 Scam Circle - Call Me [Kidz Rec]

15:32 Ian Pooley - Disco Love [V2 Records]

17:37 Kido Yoji - Won't You Come Again [Kidz Rec]

19:52 DJ Newtown - Sweet Days, Sweet Memories [Maltine Records]

21:55 Long Walks On The Beach - TRUE LOVE or bust (Chalices Of The Past Remix)

23:29 Nazcar Nation - Trust Fall

25:34 Aphex Twin - Mt Saint Michel [Warp Records]

27:55 Radiohead - Kid A [Parlophone]

FTH Recommend


もはや説明不要。日本Electroシーンの長嶋茂雄こと80kidz主宰Kidz Recのレーベルコンピ第三弾。このBlogでもおなじみ、NGTK, Lapin, Kido Yoji, Scam Circleらの新曲も収録。
個人的にはニューカマー、Nob氏の曲が楽しみです。

http://www.jetsetrecords.net/jp/product/812004046002


Kan Takahiko/Bosques



Go to Beatport.comGet These TracksAdd This Player



More info
http://kantakahiko.blogspot.com/2011/04/apr06bosques.html

2011年4月4日月曜日

Fuxx The Hype vol.49

Layer Forest

SP feat: VA/Layer Forest
* Extra feat: Smokey bass in the forest mix by Lady Citizen

どうも。
最近ひどい花粉症に悩まされております。
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

今回は去る3/9にAY RecordsよりリリースされたVA/Layer Forestをご紹介しようと思います。(このコンピレーションCDには不肖Lady CitizenのInner cycle Girlという曲も収録されています。)
このアルバムは"森で聴くDub”をテーマに国内外のアーティストの曲が収録されております。
ポストBasic Channelの呼び声高いMartin Schulte、以前このBlogでも取り上げたArc of Dovesなんかも参加しています。

王道のBasic Channelを彷彿とさせるDub technoから清涼感あふれるピアノが印象的な曲もあればインダストリアルなIDM, スモーキーなDubstepまで参加アーティストがそれぞれイメージした"森で聴くDub”を表現しています。


イージーリスニングとしても最適な内容のElectronicaアルバムになっています。
現在Tower Records, Amazon, HMV, Zooooo.jpなどで取り扱っていただいてるようです。





*If you are currently living in foreign country(*outside of Japan), you can buy this CD from AY Records directly.



そして今回、そのアルバムに収録してもらっているInner cycle girlを使ってLady Citizenなりの"森で聴くDub”をコンセプトにしたMix(Dubstep, Futuregarage)をつくってみました。
Free downloadできますので是非聴いてみてください!

Smokey bass in the forest mix by Lady Citizen

* Inner cycle girl by Lady Citizen

Smokey bass in the forest mix by Lady Citizen
http://www.facebook.com/pages/Lady-Citizen/16320523889

Track list:
1. 00:00 Fast Motion/Becoming Real
2. 02:30 So Happy - Antennae Remix/DeyaDova
3. 06:30 Average Fruit - Analogue Transit Remix/Quadron
4. 08:50 Klinik/Scuba
5. 11:50 Era Ew - Dfrnt Remix/El Rakkas
6. 14:10 Factory Report I/Marcel Dettmann
7. 16:40 Don't Wanna Lose You/Kito
8. 19:20 Inner Cycle Girl/Lady Citizen
9. 22:00 Can't Hide The Way I Feel/Nocturnal Sunshine
10. 26:15 80's Baby/Silkie
11. 28:25 You Don't Know What Love Is/J Kamata
12. 32:30 The Let Down/George Fitzgerald
13. 36:00 The Shrew Would Have Cushioned The Blow/Joy Orbison
14. 38:20 K&G Beat/Floating Points
15. 41:10 Get Away/Submerse, ReSketch
16. 44:30 Don't You/George Fitzgerald
17. 47:50 Sherm/Mutt
18. 50:20 Euphorbia/Skinnz
19. 53:10 Every body play the music - Lady Citizen Remix/Hoshina Anniversary
20. 58:25 Raver - Shy's Guinness Punch Mix/Shy FX, Donae'o
21. 62:10 Eating At The Void feat. Busy/Taprikk Sweezee

2011年4月1日金曜日

Fuxx The Hype vol.48

Horikawa nakatachiuri

堀川中立売というクソmassiveな映画を見に
Cocon Karasumaにある京都シネマにいってきました。




思えばそんなにCoconにいくことはなくて
出来たてくらいのときに天天有ってラーメン屋の本店までいくのめんどくさくてそこの支店にいったくらい。

でもよくよく考えたらそこって結構なカオスな場所で、京都シネマはいわゆるミニシアターでオルタナ系な感じなんですが、Cocon自体は個人的にはハイソな家具屋とかがあるイメージです。

この混在ぶりがちょっと京都っぽいかなと。

ともあれ映画は2時間ちょっとある中々の大作。
鴨川ホルモーを500倍くらいマッドにした感じ。
あと映画版「裸のランチ」にも通じるドラッギーさもありました。
おシリペンペンズのモタコさん主演、監督は大阪芸大の最終兵器こと柴田剛さん。

「鬼畜大宴会」とかの製作にも関わってた方らしいです。
おそいひとっていう映画で有名なひとです。
ちなみにこの作品にもおそいひとの主演:住田雅清さん出演。

あとBGMが良かったです。
neco眠るとかあらかじめ決められた恋人たちへとかが参加してます。
こんな曲作ってる人たちです↓




関西0世代〜ポスト0世代な世界観でてました。
どことなくヒリヒリした感じが伝わってくる感じとでもいいましょうか。。。

劇中でつかわれてるDubyな曲がすごく良くて。。。(おそらくあらかじめ決められた恋人たちへの曲かな?)
それがさらにドラッギーな要素をかき立てる感じで良かったです。

娯楽感0ですが、個人的に京都の学生さんはこういう映画を見てきどってほしいなぁ。

舞台は上京区なんだけど空気は左京区、百万遍〜元田中〜北白川クロスオーバーです。

ちなみに京都は明日4/1まで京都シネマでやってるそうです。
日本映画的な叙情感もあり、笑える所もあり、
ミニシアター系特有の難解さもあり、BGMもおもしろい
ごった煮カタストロフィー映画です。

興味がある方はこちらでさらに詳しい情報をチェック。
http://www.horikawanakatachiuri.jp/



おまけでペンペンズ。